エイズ検査で早めの治療を始めよう|性病の正しい知識

ナース

病院で検査

医師とナース

10代や20代で増えている病気として、性病があります。性病にいち早く気づくためにも、病院で性病検査をすることが大切です。男性と女性で、利用する診療科は異なるので、事前に確認しておいたほうが良いです。

View Detail

ASSOCIATED LINK

  • GME医学検査研究所

    性病の感染拡大を防ぐために、まずは検査を受けましょう。こちらでエイズ検査に関する情報が掲載されていますので、今すぐクリック!

検査キットの活用

病院

クラミジアは感染しやすい病気で、自覚症状がないので、注意が必要です。東京で検査キットを使用することで、自分がクラミジアかどうか判断できます。病院に行かなくても検査できるので便利です。

View Detail

早期発見の重要性

注射

国内でエイズ感染者が増加しています。エイズを発症してしまうと、免疫力が低下して、さまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。合併症を引き起こして、命を失う危険性もあるので、とても怖い病気なのです。一昔前までエイズは治らない病気と知られていましたが、今では治療薬を服用することで、発症を抑えたり進行を抑えたりすることが可能になっています。しかし発見が遅くなってしまうと、効果が低くなってしまうので、早期発見と早期治療が重要になります。エイズ検査は、病院や保健所などで受けることができます。一般的なエイズ検査は、血液の中にHIVの抗体があるかどうかを調べる、抗体検査です。抗体検査以外にも、抗原抗体同時検査や核酸増幅検査などで調べることも可能です。

HIVに感染した場合、4週間後から血液中でHIVの抗体が検出できるようになります。そのためHIVに感染している場合でも、4週間以内でエイズ検査を受けてしまうと、正しい結果が出ないのです。早めにエイズ検査を受けることは大切ですが、このような期間について知っておかないと、検査の意味がなくなってしまうので注意が必要です。拡散増幅検査なら、2週間~3週間以上経過していれば反応が出る可能性が高くなります。コンドームを使用していない性行為は、エイズにかかる原因になります。ですから性病予防のためにも、コンドームはしっかり使用することが大切です。コンドームを使用しておらず、HIV感染の不安がある場合は、エイズ検査を受けると良いでしょう。

検査費用

医師

性病検査を受けるときに知っておきたいのが、検査費用です。保健所は、無料で検査を受けられますが、病院の場合はさまざまな費用が発生するので高くなってしまいます。検査キットは、病院よりも安いので費用を抑えたい方は利用すると良いでしょう。

View Detail